[Edit]
[レビュー1988年05月17日に発表された 

ワーキング・ガール

Working Girl

とにかくパワフルな生き様に乾杯

「80年代の働く女性を描いた映画」と言えば聞こえがいいが、かなーり都合がいい話。彼女たちの考え方は独善的で、あまり褒められたものじゃない。だけど世の理不尽さにくじけることなく、ひたすら前進していく姿には好感がもてる。

若いころに見るより、社会人になって経験を積んで(挫折を感じて)から見る方が効果的かもしれない。

それから80年代のファッションは衝撃的だった。
時代の変化ってのはすごいね。

Share

Next