レビュー  1997年12月25日  に発表された 

エイリアン4
Alien: Resurrection

2ツ星

もう、なにがなんだか......

複製されたリプリーには戦う理由も義理もない。そんな哲学的な悩みも、襲ってくるエイリアンに吹き飛ばされる。例によってリプリー以外は馬鹿ばっかりだな。上だ下だと逃げ回り、ついには新種まで登場して、なにがなにやら。あれこれ要素をぶち込むのはいいけど、ちゃんと消化してほしいよ。

エイリアンから見ると、人類は恐ろしい生き物だ。
子どもを誘拐したり、巣を焼き払ったりと、悪行は留まることを知らない。なので次回は、エイリアンを主人公にしてほしいな。凶悪な人類につかまったエイリアンが命からがら脱出する。イイと思うよ。


 Googleで「エイリアン4」を検索する
 Wikipediaで「エイリアン4」を検索する
 IMDBで「Alien: Resurrection」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0007TFBEO
思考回廊 レビュー
エイリアン4