レビュー  1973年07月18日  に発表された 

劇場版 キカイダー01
Kikaider 01 : The Movie

2ツ星

唐突なヒーロー登場

第1話『無敵!! 人造人間ゼロワン誕生!!』のブローアップ版。テレビシリーズは初めて見たけど、すごく乱暴な始まり方で驚いた。

ハカイダーとハカイダー三人衆は、アキラ少年を捕まえるために原子力発電所を破壊する。結果、悪の活動が一定値を越えたため、仁王像からキカイダー01が目覚める。キカイダー01の出自はナレーションのみ。キカイダーとのちがいも説明されない。そして白いトランペットを吹きながら登場する。いくらなんでも唐突すぎる。
Wikipediaによると、かなり低予算で作られていたらしい。イメージを具現化するのは大変だな。

劇中、ハカイダーは自分が作った部下を「ハカイダー三人衆」と呼んでいた。「ハカイダー四人衆」より正しい呼び名だと思う。そういえばハカイダー本人が、「ハイル、ハカイダー」と気勢を上げるのも妙だが、まぁ、瑣末なことか。
とにかくハカイダー一味は強そうで、キカイダー01も強そうで、アキラ少年という謎があって、おちゃらけた仲間がいて、教科書に載せたいような第一話だった。

 Googleで「劇場版 キカイダー01」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 キカイダー01」を検索する
 IMDBで「Kikaider 01 : The Movie」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00081U4Q6
思考回廊 レビュー
劇場版 キカイダー01