レビュー  1997年02月01日  に発表された 

勇者王ガオガイガー (全49話)
BRAVE KING GAO GAI GAR [TVa: 1997-02-01 - 1998-01-31]

4ツ星

本歌取りの傑作シリーズ

出だしの印象は、『エヴァンゲリオン』の再来。しかしエヴァをよく研究しており、伏線はきちんと回収される。身内に敵がいないのもありがたい。
中盤にさしかかる頃にはエヴァの影も消え、『ガオガイガー』という作品固有の「らしさ」を獲得する。考えてみれば、本作は勇者シリーズの1つでありながら、独立した評価を得ている。いろんな流れを受け継ぎながらも、オリジナリティを確立できたのはすごい。

そして、おもしろい。
勝算のない戦いに挑むのも、子ども向けヒーローにはありがちな構図だが、本作では印象が異なる。それを勇気と呼ぶかどうかはともかく、魂を熱くする物語だった。

 Googleで「勇者王ガオガイガー 」を検索する
 Wikipediaで「勇者王ガオガイガー 」を検索する
 IMDBで「BRAVE KING GAO GAI GAR [TVa: 1997-02-01 - 1998-01-31]」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0009J8IOM
思考回廊 レビュー
勇者王ガオガイガー (全49話)