レビュー  2005年03月25日  に発表された 

めざめの方舟
Mezame no Hakobune

1ツ星

まじまじ見る内容じゃない

「愛・地球博」のパビリオンで上映されたイメージ映像。ストーリーはなく、どこかで見たような映像断片が浮かんでは消えていく。わずか10分足らずだが、見終えたあとに、なにを見たのか思い出せない。背景としては素晴らしいが、シアターでまじまじ見るような内容じゃない。

全天シアター用の作品だから、そこで体験しなければ「見た」とは言えないかもしれない。しかし少なくとも私には、「全天シアターで見てみたい」と思わせる内容ではなかった。全天シアターの特性を活かしているとも思えないし、なによりテーマが押井守の方向性に会ってない。環境問題を前向きに考えたいならジブリに依頼すべきだ。
個人的には、地球が滅びたあとのイメージで、『天使のたまご』を3D映画化してほしかった。

 Googleで「めざめの方舟」を検索する
 Wikipediaで「めざめの方舟」を検索する
 IMDBで「Mezame no Hakobune」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0009X59NG
思考回廊 レビュー
めざめの方舟