レビュー  1986年12月25日  に発表された 

エイリアン2
Aliens

5ツ星

母 vs 母 and 母

『1』は密室にエイリアンがまぎれ込むが、『2』はエイリアンの巣に人間がまぎれ込む話。タイトルが『Aliens』と複数形になっていることに気づいたときは鳥肌が立ったよ。

言葉も常識も通じないクイーン・エイリアンに怒鳴りちらすリプリーがすごい。娘(によく似たニュート)を守るためなら、なんだってできる。それはクイーンも同じだろうが、いっさい情けをかけないところがすさまじい。男だったら、詫びるシーンが入っていたと思うな。そのニュートもまた、人形を連れ歩くことで「母」となり、発狂することなく生き延びていた。極限状況においては、海兵隊より母の方が強いことに感動した。

続編に良作なし、の定説を打ち破った傑作である。


 Googleで「エイリアン2」を検索する
 Wikipediaで「エイリアン2」を検索する
 IMDBで「Aliens」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000A0K5AK
思考回廊 レビュー
エイリアン2