レビュー  1985年12月13日  に発表された 

スペースハリアー (AC)
Space Harrier

4ツ星

これが3Dゲーム初体験

実際は擬似3Dなんだけど、当時の3Dはワイヤーフレームだから、これこそ3Dゲームと思っていた。さらに言うと「スペースハリアー」はセガ体感ゲームの第2弾であり、第1弾「ハングオン」と同じ映像処理をしてるんだけど、ドムやドラゴンがいる世界に突っ込んでいくゲーム体験に圧倒されてしまった。当時の感覚で言えば、「未来のゲーム」だった。

コックピットが前後左右に揺れ動くムービングタイプもあったそうだが、私はプレイしたことがない。どっかで見かけただろうか? 床に足をつけてプレイしても、心のなかで浮遊していたし、それだけで「体感ゲーム」と言えた。

「やりこんだ」と言えるほどコインを投入していない。当時は自由に使えるカネも少なかったしね。友人たちのプレイ画面を見ながら、イメージトレーニングする方が多かった。
小ネタとかテクニックを語ることはできないが、思い出の1本である。

 Googleで「スペースハリアー 」を検索する
 Wikipediaで「スペースハリアー 」を検索する
 IMDBで「Space Harrier」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000A3DB1M
思考回廊 レビュー
スペースハリアー (AC)