宇宙大怪獣ドゴラ Dagora, the Space Monster

1964年 特撮 2ツ星 刑事・警察 怪獣

上空の怪異と地上の犯罪が、うまく噛み合ってない

時期的にはゴジラシリーズ4作目『モスラ対ゴジラ』(1964)の直後か。まだ怪獣映画にパワーがあったころだ。本作はあえて脱ゴジラを目指したのだろう。怪獣の露出をおさえ、人間ドラマに重きを置いている。大胆なアプローチだったが、成功したとは言いがたい。宇宙からの侵略者(上空)と、強盗団の追跡劇(地上)がぜんぜん噛み合っていない。変な外人マーク(ダン・ユマ)は魅力的だが、ストーリーから浮いている。謎の美女(若林映子)も美しすぎる。ドゴラを撃退できる特殊なダイヤを奪い合うとか、なにかしらのリンクがほしかった。

ドゴラは特殊な方法で撮影されたが、かなりの怪獣マニアでなければ、ドゴラ目当てに見る価値はないだろう。ただ60年代の北九州市の情景はおもしろかった。日本とは思えないほど空気がちがう。やたら角張った乗用車も現代人の目には奇異に写る。人の世の変化は、怪獣より興味深い。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

関連エントリー

1964年 特撮 2ツ星 刑事・警察 怪獣
機動警察パトレイバー3 WXIII

機動警察パトレイバー3 WXIII

Patlabor WXIII
2002年のアニメ ★2

クオリティは高いんだけど、どうにも魅力がない レイバーや第2小隊が脇役であることや、悲劇的なストーリーに異論はない。しかし「ロボットが一般化した近未来社会を描く」という根っこが失わ (...)

モーレツ怪獣大決戦

モーレツ怪獣大決戦

Moretsu Kaijuu Daikessen
2005年の特撮 ★2

いいなぁ。 内容について語ることはない。ひどいもんだが、そもそもクオリティを求めちゃいないだろう。どんな連中が、どんな経緯で制作したか知らないが、まー、楽しそうだ。 やってみたいこ (...)

パシフィック・リム: アップライジング

パシフィック・リム: アップライジング

Pacific Rim: Uprising
2018年の外国映画 ★3

「怪獣の名前は私が勝手につけた!」 『パシフィック・リム』(2013)の続編。なんも知らずに見たので、まぁ、楽しめた。もともとストーリーやドラマは期待してなかったし、ロボットと怪獣 (...)

レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1

Ready Player One
2018年の外国映画 ★3

結局、リアル至上か。  停滞した未来社会で、人々はVR世界「OASIS」に熱狂していた。莫大な遺産と運営権をめぐって、若者たちと企業が激突する。VR世界ではハリウッドだけでなく、日 (...)

海底二万哩 / 海底2万マイル / 海底20000マイル

海底二万哩 / 海底2万マイル / 海底20000マイル

20,000 Leagues Under the Sea
1954年の外国映画 ★3

見ごたえがある。 CGはない。すべてセット? それにしては大きい。ミニチュアで合成? そんな機材がすでにあったのか。気がつけば映像に圧倒されている。古い映画なのに。 リベット打ちさ (...)

巨神兵東京に現わる

巨神兵東京に現わる

Giant God Warrior Appears in Tokyo
2012年の特撮 ★3

メイキングを作るための本編 庵野監督が特撮技術の衰退を惜しみ、その技巧を作品として残そうとした。その心意気や、よし。しかし出来上がった作品が、「CGならもっとできたのに」と思わせて (...)

ページ先頭へ