レビュー  1991年02月15日  に発表された 

鳥人戦隊ジェットマン (全51話)
Chojin Sentai Jetman

5ツ星

最弱のレッド、最ワルのブラックに興奮せよ!

こんなに破天荒で、こんなに魅力的なヒーロードラマもない。語りたいポイントがありすぎるので、箇条書きにしてみる。

  • 恋愛感情のもつれから、全員揃って変身できないジェットマンは、悪の幹部(ラディゲ)に「また仲間割れか」とあきれられる。
  • レッドホーク(天堂 竜)は精神的に弱く、動揺して、自己嫌悪して、「運命は人を変える」とか言ってジェットマンを裏切ってしまう。敵を騙す演技なんだけど、説得力がありすぎ。
  • 人間ラディゲにしびれた。正義と悪の強力プレイって、史上初じゃない?
  • トランザがラディゲに屈するところは特撮史上に残る名シーン。鳥肌が立った。
  • 子ども向け番組なのに、ブラックコンドル(結城 凱)はタバコをふかし、恫喝や暴力をいとわない。そのくせ妙にリーダーシップがあるし、グレイと友情が芽生えるし、かっこよすぎ!

あぁ、語り尽くせない。
最初から最後までおもしろかった。



 Googleで「鳥人戦隊ジェットマン 」を検索する
 Wikipediaで「鳥人戦隊ジェットマン 」を検索する
 IMDBで「Chojin Sentai Jetman」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000AU1ONW
思考回廊 レビュー
鳥人戦隊ジェットマン (全51話)