[Edit]
[レビュー2005年07月22日に発表された 

ルパン三世 天使の策略(タクティクス) / 夢のカケラは殺しの香り

An Angel's Tactics - Fragments of a Dream Are the Scent of Murder

どこが天使なんだ?

『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第17作。例によって脚本がひどい。美女がわんさと出てくるのに、どいつも魅力がない。口汚いし、卑怯だし、品位も愛嬌もない。「策略」がないのは我慢するけど、「天使」もいないとは思わなかった。美女のアップで不愉快になるのだから、相当のもんだよ。ルパンも射殺してるし。

結局、オリジナルメタルの価値もわからなかった。こんな脚本で視聴率19%もとれるのは驚き。ルパンブランドは強いね。でも、こんな駄作を量産するようじゃ、ブランド失墜も遠くないだろうな。

Share

Next