[Edit]
[レビュー1999年12月20日に発表された 

ファイト・クラブ

Fight Club

いやぁ、すごい映画だねぇ

登場人物は魅力的で、磁場があるように目が離せない。カメラワークも印象的だ。しかし中盤をすぎても、映画のスジが読めない。なにがなにやら……と思っていたら、衝撃のラスト。びっくりしました。

監督はどんな人に、なにを見せたかったのだろう?
傍観者なら笑って見ることもできる。しかし主人公に共感するほど追いつめられた人や、そういう人が近くにいる場合は笑っていられない。
世の中には危ないヤツがいて、それは本人さえ気づいていない。剣呑な話じゃ。

テーマはないけど、この映画のすごさは否定できない。スパイスだけで作った料理みたい。とにかく、すごかった。

Share

Next