[Edit]
[レビュー2000年07月07日に発表された 

キッド

The Kid

あまりにも直球勝負なので、面食らってしまった

現在の成功を損なうことなく、過去の失敗を払拭し、未来の満足まで手に入れてしまうのは贅沢すぎる。現在の自分が精神的に病んでいるわけでもなく、いいこと尽くめじゃないか。

現在の自分が、過去の自分をぞんざいに扱うのも奇妙だ。主人公はなぜ、タイムトラベルやパラレルワールドの可能性を考慮しないのか。このへんの歯車がかっちり合わないので、途中から物語がどうでもよくなってくる。

結局、この出来事はなんだったのか? 過去が現在を見ること、現在が未来を見ることに、どんな意味があるのか? 主人公はなにか大切なものを失っているような気がするよ。

Share

Next

  • X-MEN

    X-MEN

    2000年の外国映画 ★5