[Edit]
[レビュー2006年03月09日に発表された 

化猫 / 怪 -ayakashi- (第9-11話)

Goblin Cat - Ayakashi / Samurai Horror Tales

良くも悪くも映像がおもしろすぎる

最後まで見ると、意外にストーリーがしっかりしていたことに気づく。真に恐るべきは化猫より人間か。そうした重いテーマも、主人公の顔や派手な魔術合戦に圧倒されて、よく見てなかった。ぬかった。

そのくらい映像は個性的だ。和風テクスチャを張り込んだ画面、3Dで再現された屋敷、コミカルなキャラクター、エスニックな呪術表現……。これはこれで独立したシリーズになりそうだと思ったら、すでに『モノノ怪』という作品になっていたのね。なるほど。

もう少し平凡な映像なら、ストーリーが際立っただろうが、それではスピンオフできない。難しいところだ。

Share