[Edit]
[レビュー2005年07月08日に発表された 

ダーク・ウォーター

Dark Water

オリジナルよりわかりやすい

『仄暗い水の底から』(2002)のハリウッドリメイク。プロットが整理され、わかりやすくなっている。「親子愛」が強く押し出され、恐怖演出はぐっと抑えられた。オリジナルを見ている人には物足りないが、こちらの方が完成度は高い。

オリジナルの黒木瞳は線の細い、危なっかしい「女性」だったが、リメイク版のジェニファー・コネリーには「母親」の強さを感じる。娘のため父親を受け入れたり、霊になっても娘を見守るシーンがよかった。

オリジナルは終盤が異次元展開だったため、親子愛が吹き飛んでしまった。そうしたオリジナルの欠点を、リメイク版が解消してくれたのはうれしい。

Share

Next