[Edit]
[レビュー2004年10月10日に発表された 

ダイヤモンド・イン・パラダイス

After the Sunset

アクションだけが映画じゃない

ナポレオンの秘宝を、引退した007(ピアース・ブロスナン)が盗み出す。そう聞けば、誰もが手に汗にぎるアクションや、知的な駆け引きを想像するが、実際はのんびりムード。緊張するのは、彼女との関係がこじれたときだけ。重要なテーマは、盗みに変わる趣味を見つけられるかどうか。
なにをやりたいのかわからないけど……なんとなく楽しい。

泥棒と捜査官の関係がいいね。ルパンと銭形のような追いかけっこじゃないのか。互いの正体がわかっていても、なお親しい。この関係はおもしろい。

やがてタイトルの意味がわかってくる。『After the Sunset』。これは引退からの復帰ではなく、引退そのものを描いているのか。そうなると、がぜん結末に興味がわき、その期待を裏切らないラストに満足する。いいね。ドンパチやアクションばかりが映画じゃないよ。

Share

Next