レビュー  2006年07月30日  に発表された 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣
Mobile Suit Gundam SEED DESTINY Movie II - Respective Swords

1ツ星

これほど駄目だったとは

PHASE-14から28までの総集編。つけあがるシンに苛立ちがつのる。おまけに致命的な殺傷行為が多い。多すぎる。なんでこんなのを主人公に据えたんだろう? 一方、アスラン・ザラとキラ・ヤマトが『SEED』と同じ配置にもどり、その対立が目立つ。話には聞いていたが、これじゃシンの活躍に興味が向かない。どうでもいいし、死んでほしい。

戦争の愚かしさを描くことがテーマなら、成功している。本当に愚かしい。

 Googleで「機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣」を検索する
 Wikipediaで「機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣」を検索する
 IMDBで「Mobile Suit Gundam SEED DESTINY Movie II - Respective Swords」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000FDF4NK
思考回廊 レビュー
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣