レビュー  2006年01月27日  に発表された 

ヘッケルの死霊(ジョン・マクノートン) / マスターズ・オブ・ホラー (S1-12)
Haeckel's Tale / Masters of Horror

2ツ星

映像化に適さない題材だった

あらすじ

老婆が語る。医学生ヘッケルは故郷に向かう途中、森で年老いた農夫の家に招かれた。彼の妻は若く、美しく、どう考えても農夫と不釣り合いだった。夜、妻はこっそり墓地に出かけ、魔術で蘇った死体とまぐわっていた。

13人のホラー映画の巨匠による共同プロジェクト『マスターズ・オブ・ホラー』の12本目。原作はクライブ・バーガーの短編小説だとか。ゴシックホラーと見せかけて死体とセックスするのはバーガーらしいけど、描き込みが足らず、盛り上がらなかった。
前半(妻を復活させる方法を探す)と後半(美女が死体と姦淫する)も不連続。オチ(赤ん坊はモンスター)は安直すぎて、なにを描きたかったのかさっぱり。

タイトルが示すとおりヘッケルの物語を掘り下げてほしかった。その場合、屍姦の魅力を映像で表現しなければならないが、かなり難しそう。うまく表現できたら放送できなくなるしね。つまるところ、映像化に適さない題材だった。

 Googleで「ヘッケルの死霊」を検索する
 Wikipediaで「ヘッケルの死霊」を検索する
 IMDBで「Haeckel's Tale / Masters of Horror」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000FS2W3K
思考回廊 レビュー
ヘッケルの死霊(ジョン・マクノートン) / マスターズ・オブ・ホラー (S1-12)