[Edit]
[レビュー2006年07月15日に発表された 

日本沈没

Nihon chinbotsu

ぬるすぎる破滅

オープニングの火山爆発が、この映画のラストでないとわかったときのショックを、どう表現すればいいだろう。シーン1つ1つは悪くないけど、つなげるとズタボロ。どうしてこうなっちゃうのか、不思議でならない。

キャラクターがきれい事ばかり言うのも不可解。国といっしょに死にたいとか、無差別に助けたいとか、なにを言ってるのかわかりません。強烈な嫌悪感で、気分が悪くなった。

これが現代日本の姿だというなら、滅んでいいよ。胸くそ悪い。

Share

Next