[Edit]
[レビュー2006年10月01日に発表された 

花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

Hanada shonen-shi

なにをやりたかったのか......

前半はまだしも、後半の悪霊対決は見るに堪えない。だらけた脚本に半端なCGエフェクト。花田少年はすっかり物語から追い出されている。そうまでしてセーラー服少女の幽霊パワーを見せたかったのか? こんなんで客が喜ぶわけないじゃん。
家族愛、ノスタルジー路線、漁師たちの団結、父母の生き様、悪霊ハンター。
どれも中途半端で、評価できない。

そういえば、嵐の夜に飛び出した爺ちゃんはどうなったの? 婆ちゃんの霊に引っ張られちゃったのかな?

Share

Next