[Edit]
[レビュー1985年12月21日に発表された 

ダーティペアの大勝負 ノーランディアの謎

Dirty Pair: Affair on Nolandia

頭身が上がって、コスチュームが恥ずかしくなった

テレビ版よりSF色が強く出ているが、状況設定が特殊すぎておもしろみは薄い。超能力の描写も中途半端で、解釈に困る。
困ったのはキャラクターデザインの変化。頭身があがって、大人びた雰囲気になったので、コミカルなアクションが浮いている。ユリとケイは美女ではなく、美少女である方が、破天荒な性格設定が生きると思う。

撃たれても平気なサイボーグが銃に威嚇されたり、数十人の敵を瞬殺できるカードがあったり、アイテムや演出もひどい。ラストも投げっぱなしな印象。
あまり見るところのないOVAだった。

Share

Next