レビュー  1968年10月01日  に発表された 

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
Night of the Living Dead

4ツ星

いきなり襲撃! ぐだぐだ抵抗! 鮮烈なラスト!

ゾンビ映画の金字塔。パブリックドメインに入っているので、ネットで観賞できた。古い映画だから演出面はボロボロだけど、見るべき点は多い。
まずゾンビの概念がないから、「ゾンビ」という言葉が出てこない。当たり前だが「死体が起き上がって襲ってくる」なんて信じられない事態であり、「ヒステリー状態の暴徒」と認識するところがリアル。このころはゾンビの設定も固まっておらず、道具を使ったりするのはご愛嬌。「ゾンビが火を恐れる」という設定は受け継がれなかったね。

舞台はほぼ一軒家の中だけに固定される。生存者が混乱し、いがみあうのは無理ないが、テンポが悪くて眠くなる。テレビの緊急放送で状況を説明するが、昼間に撮影されているのは不自然。リアルタイムじゃないのかよ。ぐだぐだの抵抗がつづいて、眠くなってきたところで衝撃のラスト。古い映画とバカにしていたが、おもしろいじゃない! 古典はつねに刺激的ということか。

妄想リメイク(ゆっくり文庫)

2014年、自分なりに翻案・整理した動画を作成した。96分の映画を19分で鑑賞できるので、見てください。編集後記もあるよ。

 Googleで「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」を検索する
 Wikipediaで「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」を検索する
 IMDBで「Night of the Living Dead」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000LPR1SS
思考回廊 レビュー
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド