[Edit]
[レビュー2001年02月09日に発表された 

ハンニバル

Hannibal

犬もびびるレクター博士

『羊たちの沈黙 (1991)』の十年後に作られた続編。前作を見てなかったので、レクター博士の魅力がわからない。知能が高く、人間心理に通じたカリスマ犯罪者らしいが、どうにも危なっかしい。怪物的なオーラに犬さえ震え上がる。なんだそりゃ?

クラリスもレクター博士に特別な執着があるのかないのか? レクター博士にとって食人はどういう意味を持つの? 理解できるかどうかはさておき、その哲学を聞いてみたかった。
敵対するメイスンも異常者で、いわば悪vs悪の対決だった。その決着にクラリスは介在しない。クラリスの魅力もよくわからない。

のちに『羊たちの沈黙』を鑑賞するが、やっぱりレクター博士の魅力がわからなかった。見る順序を間違えたせいだろうか。

シリーズ化された殺人鬼
レザーフェイス
ブギーマン
ジェイソン
フレディ
グッドガイ人形
ハンニバル・レクター
シザーマン
脅迫者
フィッシャーマン
ミュータント
ジグソウ
キラ

Share

Next