レビュー  2007年07月01日  に発表された 

ひぐらしのなく頃に 外伝 猫殺し編
When They Cry Nekogoroshi-Hen

4ツ星

死んでもいいから、好奇心を満たしたい

第一期DVD全巻購入特典として制作された。いわばファン限定アイテムであり、放送コードも関係ないので、どんな内容だろうと期待に胸をふくらませて鑑賞する。しかし物語は唐突に終了し、ひぐらしの鳴き声だけが残る。「あれ? 前後編だったかな?」と首をかしげる終わり方だ。

俳句には「いいおおせてなにかある」という考え方があって、テーマや細部を言い尽くさないことがよしとされる。本作も、採石場でなにがあったのかを明らかにしていない。おおよその想像はつくし、圭一たちが好奇心を出さなかったからこそ生き残る話なのだが、釈然としない。『ひぐらし』なら、2つのエンディングを描くこともできただろうに。

ほのめかす恐怖もわからなくはないが、それでも......ねぇ?


 Googleで「ひぐらしのなく頃に 外伝 猫殺し編」を検索する
 Wikipediaで「ひぐらしのなく頃に 外伝 猫殺し編」を検索する
 IMDBで「When They Cry Nekogoroshi-Hen」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000NHG91O
思考回廊 レビュー
ひぐらしのなく頃に 外伝 猫殺し編