[Edit]
[レビュー2001年06月08日に発表された 

エボリューション

Evolution

響かなかった

『Xファイル』を降板したデイヴィッド・ドゥカヴニーが、宇宙人遭遇ものに出演すると言うから、どんな作品かと期待したけど、なんともショボかった。SFコメディとしての毒も夢もない。デイヴィッド・ドゥカヴニーの存在そのものが、単なるパロディだった。

波長が合えば、いろいろ笑えるんだろうけど、私は乗れなかった。冷めた気分で見てしまった。うーん。

『トレマーズ』を墓の下から掘り出して、なにをしたかったのか。
いろんな意味で、残念な映画だった。

Share

Next

  • WASABI

    WASABI

    2001年の外国映画 ★3