[Edit]
[レビュー2004年01月01日に発表された 

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG (第2期・全26話)

Ghost in the Shell: S.A.C. 2nd GIG

ちょっと拡散しすぎたが、やはりおもしろかった

『笑い男』も複雑だったが、『個別の11人』はそれを上回る。同じ名前の著書、犯行グループ、ウイルス、感染者がいるので混乱しまくった。その行動がウイルスによるものか、ゴーストによるものか判然としないんだよね。正直、もっとわかりやすく作ってほしかった。
それとクゼの『革命』は突飛すぎる。救世主と英雄をかけたキャラとはいえ、ストーリーラインと合わないよ。ゴーダもミステリアスに描きすぎで、わけがわからん。ラストも納得しがたい。

とまぁ、文句もあるけど、すっげーおもしろかった。
どのエピソードも独特で、練り込まれている。よくこんな話を思いつくなぁと感心してばかりだ。
三部作といわず、もっともっと作ってほしいよ。

Share

Next