[Edit]
[レビュー2003年08月08日に発表された 

S.W.A.T.

S.W.A.T.

「正しくないことが、正しいこともある」

前半の訓練パートは地味だけどリアル。しかし後半はど派手なハリウッド映画に豹変。最後までリアル路線を貫いてほしかったが、売るためには仕方ないのか。おかげで見終えたあとには、なんも残らない。前半がハリウッドで、後半がリアルだったら、伝説になれたかもしれないのに。

サンチェス(ミシェル・ロドリゲス)に『バイオハザード』のイメージが残っていたので、負傷したあとゾンビ化しないか心配だった。すごく目を引く女優なので、もうちょっとスポットライトを当ててほしかったかな。


Share

Next

  • 解夏

    解夏

    2003年の日本映画 ★2