[Edit]
[レビュー2007年02月17日に発表された 

エクステ

Exte Hair Extensions

ホラーのふりしたコメディ映画

栗山千明の存在感は大きい。ふざけたストーリーで、大した活躍もないのに、きっちり映画を支えている。彼女でなければ、大杉漣の怪演に圧倒されただろう。本当にすごい女優さんだ。

怪奇現象より姉の恫喝と幼児虐待が怖かった。あまりにストレスが大きいため、あの程度の惨殺じゃ納得できない。ストーリー的にここまで重くする必要はなかったはず。ストーリーの骨子が細いから、枝葉の部分を肥大化させたようだ。非情にバランスが悪い。努力する方向がまちがっているが、個性的な映画に仕上がっている。

「ヘアー、ヘアー♪ マイ、ヘアー、ヘアー♪」

人身売買や幼児虐待をはぶいて、コメディに特化してほしかった。

Share

Next