[Edit]
[レビュー1964年03月08日に発表された 

地球最後の男

The Last Man on Earth

もっとも原作に忠実な映画化

リチャード・マシスンのSF小説『I Am Legend』の、最初の映画化。古いし、モノクロだから、テンポが悪いことは否めないが、見るべき点は多い。原作者自身が参加しているだけあって、プロットは原作に忠実。発電機の整備をしたり、白木の杭を削る日常。市街地にゴロゴロ転がっている死体。不気味で、寂寥感がある。単調な動きを繰り返す吸血鬼はまさにゾンビの源流。本作にインスパイアされて、ロメロが『Night of the Living Dead(1968)』を作ったのもうなずける。

ほぼ原作通りだが、ルースが人間に戻れたことを喜ぶのは驚き。彼女にしてみれば、怪物に改造されたようなものなのに。そしてラスト、ひとり去っていくルースは人間なのか、吸血鬼なのか? 解釈の余地があるのもおもしろい。
タイトルが示すように、「レジェンド」より「地球最後の男」が強調され、この流れは後継作品に受け継がれていく。ヴィンセント・プライスは神経質で、自尊心が高そうだが、原作のように弱々しいネビルもいつか見てみたい。


Share

Next