[Edit]
[レビュー2006年06月28日に発表された 

スーパーマン リターンズ

Superman Returns

なぜスーパーマンは必要ないのか?

物理法則を無視する活躍が痛快。とりわけ冒頭の飛行機救助は興奮した。が、それ以降はグタグタ。ヒロインの気持ちがわからない。スーパーマンがいないときは不必要と言い、帰ってくると必要と言うのは、都合がよすぎる。敵対するルーサーもいまいち。自分の大陸を、どう防衛するつもりだったのか。悪人と言うより病人なので、相手するのも疲れる。

弱点も不可能もないスーパーマン。しかし彼に落ち度はなく、周辺すべてが駄目だった。続編が作られず、なかったことにされたのは残念でならない。

DCコミック
バットマン バートン、シュマッカー作品
ノーラン三部作
関連作品
ゲーム
スーパーマン クリストファー・リーヴ主演
  • スーパーマン
  • II/冒険篇
  • III/電子の要塞
  • IV/最強の敵
映画
ほか 映画

Share