レビュー  2006年11月04日  に発表された 

銀河鉄道の夜 I carry a ticket of eternity
Night on the Galactic Railroad - I carry a ticket of eternity

1ツ星

高校の文化祭レベル

現代日本を舞台にしているが、ジョバンニやカムパネルラといった名前はそのまま。ジョバンニは女性で、カムパネルラは子どもだが、それぞれの役割・関係は変わらない。ストーリーは原作準拠の流れを維持しつつ、枝葉を切り落としている。新しい解釈はない。カメラワークも平坦で、絵的な美しさもない。本当に見るべきところがない作品だった。

ぶっちゃけ、ラジオドラマで十分な出来映え。むしろラジオドラマの方が映像のアラが見えず、楽しめたかもしれない。

妄想リメイク(ゆっくり文庫)

2015年、カムパネルラの視点で翻案した動画を制作した。自信作なので、ぜひ見てください。編集後記もあるよ。


 Googleで「銀河鉄道の夜 I carry a ticket of eternity 」を検索する
 Wikipediaで「銀河鉄道の夜 I carry a ticket of eternity 」を検索する
 IMDBで「Night on the Galactic Railroad - I carry a ticket of eternity」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000PMLAAC
思考回廊 レビュー
銀河鉄道の夜 I carry a ticket of eternity