レビュー  1995年12月10日  に発表された 

X-ファイル 第3シーズン (全24話)
The X-Files 3rd Season

3ツ星

高まる期待に、情報開示が追いつかなくなってきた

ついに巨大UFOと遭遇するものの、それでなにかが解決するわけではない。第2期で高まりきった期待を、どう処理すればいいのか。クローンにつづいて、人間に取り憑くブラックオイルや、顔を変えるエイリアンまで登場し、物語はさらに複雑化する。組織と宇宙人の区別がつかず、どっちを追いかけているのかもわからない。
第3期で、風呂敷は極大まで広がった。それはそれでいいのだが、どう畳むつもりなのか、第4期への期待はそれまでと質のちがったものになっていた。借金の取り立てに近い感情だ。

『X-ファイル』には、ときおり残酷なシーンが挿入される。超常現象がらみとはいえ、罪のない人が苦しめられる展開は気分を害する。もちろん、そうしたシーンがシリーズの緊張感を高めているが、やりすぎは禁物だ。
さいわい、こうした流れは『ミレニアム』に分岐していく。残酷シーンは取り扱いの難しい毒なのだと思った。

各エピソードに目を向けると、どれも悪くないのだが、特別印象に残っているものもない。脂が乗って、安定期に入ったということか。
いろんな出来事があったのに、意外と淡泊な第3期だった。

 Googleで「X-ファイル 第3シーズン 」を検索する
 Wikipediaで「X-ファイル 第3シーズン 」を検索する
 IMDBで「The X-Files 3rd Season」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000QUTRYE
思考回廊 レビュー
X-ファイル 第3シーズン (全24話)