レビュー  1999年11月07日  に発表された 

X-ファイル 第7シーズン (全22話)
The X-Files 7th Season

1ツ星

さすがに飽きた......

モルダーの突拍子もない推理にうんざり。演繹も帰納もなく、ただ当てずっぽうを垂れ流しているだけ。なんとなく行動して、なんとなくピンチになって、なんとなく解決。いろいろ趣向を凝らしているけど、ちっとも興奮しない。ドラマを見ていて、自分の脳が動いていないことがわかる。

「存在と時間」で、ついに妹サマンサの問題が解決(?)するわけだが、どう解釈すればいいのか戸惑う。モルダーは本当に納得してしまったらしく、「三つの願い」ではサマンサのことも、宇宙人のことも一顧だにしない。執着を失ったモルダーは、単なるUFOオタクでしかない。ここまで俗人になってしまうとはね。

シーズンフィナーレで衝撃の事実が明かされても、新シーズンの最初しか話題にされず、なにがどうなったかは曖昧なまま。このパターンもうんざり。
本シーズンでモルダー(デイヴィッド・ドゥカヴニー)が降板しちゃうけど、やむをえない。惰性で量産されているX-ファイルなんて見たくなかった。

 Googleで「X-ファイル 第7シーズン 」を検索する
 Wikipediaで「X-ファイル 第7シーズン 」を検索する
 IMDBで「The X-Files 7th Season」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000TXR2O0
思考回廊 レビュー
X-ファイル 第7シーズン (全22話)