[Edit]
[レビュー1989年05月27日に発表された 

戦国奇譚妖刀伝 劇場版

Wrath of the Ninja - The Yotoden Movie

甘っちょろいぜ!

OVA全3巻をつなぎ合わせた劇場版。ひどい編集で、眠くなった。チャプターを分けるとか、ナレーションを加えるとか、工夫してほしいよ。編集の粗さはあるものの、内容も甘っちょろい。殺して泣く、泣いて殺すの繰り返し。幼女と戦うとき、「おんしら汚いぜよ!」と叫ぶところは笑ってしまった。発売当時(1987~88年)に見ていたら、もうちょっと楽しめただろうか。いや、この系統のアニメは今もあるし、あまり進化していない。

桔梗という人物がぜんぜん描かれてなかったのは残念。型どおりの反応しかしないので、人間味がない。アニメ誌でやたらめったら騒がれていたけど、どこがよかったのだろう? 疾風の左近も今ひとつ抜けてるしなぁ。

結局のところ、設定より雰囲気、ストーリーよりキャラクター、内面より外見の美しさということか。それは今も変わらぬ真理だな。

Share

Next