[Edit]
[レビュー1979年05月18日に発表された 

ポセイドン・アドベンチャー2

Beyond the Poseidon Adventure

1作目の精神はどこにもない

『ポセイドン・アドベンチャー』(1972)の続編。前作とは異なる視点で転覆事故を描いている。お宝を奪い合うプロットもおもしろいのだが、映画はいまいち。いないはずの乗客が残っていることや、助けてやった曹長がわがままなこと、キャラクターの立ち位置があいまいなことが災いしたようだ。

吹き替えの影響も大きい。スベボ・ステファン博士は見た目と声(森山周一郎)で悪役決定だし、セレステ・ホイットマンの声(井上瑤)も明るすぎて耳にうるさい。ありていに言えば、作るべきじゃなかった続編だね。

Share

Next