[Edit]
[レビュー1998年01月16日に発表された 

悪魔を憐れむ歌 Fallen

惜しい、惜しいよ!

この悪魔はすごい。こんなのに狙われたら、どうやっても助からない。無敵すぎるが、この恐怖はよかった。
惜しむらくは、悪魔の個性が弱いこと。自分の弱点につながるヒントをこれ見よがしに教えるのは、無敵ゆえのおごりか。それとも窮地に陥ることを楽しんでいるのか。悪魔の目的が漠然すぎる。「接触感染できない善人を、直接手を下さずに破滅させる」といったテーマがほしかった。
2度見ると、悪魔の行動が行き当たりばったりなことがわかる。軽率にもほどがある。これが悪魔じゃなくて、悪魔の力を得た囚人だったら納得だけど、それじゃ『The X-Files』になっちゃうか。

でもおもしろかった。久々に怖い悪魔だった。

Share

Next