[Edit]
[レビュー2007年06月15日に発表された 

ファンタスティック・フォー: 銀河の危機

Fantastic Four : Rise of the Silver Surfer

スカッとしない

『X-MEN』や『スパイダーマン』とちがって、ファンタスティック4は国民に愛される正統派ヒーローだ。そんな彼らに悲劇や苦悩は似合わない。一時の喧嘩や誤解はあっても、最後は力を合わせて脅威を撃退。それで十分なのだが......本作はあまり爽快感がない。Dr.ドゥームの復活が中途半端だったり、シルバーサーファーが生っちょろい決断をしたせいか、ギャラクタスの撃退がうやむやになっているせいか。うーん。

さんざん悪態をついてきた将軍が、反省する間もなく死んじゃったのも残念。なにも死ぬことないのに。小さな不満が積み重なって、気持ちよさを減じているんだろうな。


Share

Next