[Edit]
[レビュー2007年08月25日に発表された 

伝染歌

The Suicide Song

特殊な訓練を受けたファンでなければ無理

美女とホラーの組み合わせ、AKB48の出演、豪華俳優陣も脇を固めてる。予算も少なくなさそう。この条件で、ここまでツマラナイ映画を撮れてしまう才能に驚嘆する。

女子高生たちが身勝手すぎて、泣こうが喚こうが、死のうが苦しもうが、どうでもいい。人数が多いせいもあるが、誰にも感情移入できない。そもそも呪いの謎に興味が向かない。狂っている人と、そうでない人の区別もつかない。時間を巻き戻して、別の角度からリプレイする演出はおもしろいが、だからなんなのってレベル。この内容で2時間以上もあるのは殺人的。後半になればなるほど、ストレスが高まる。

ホラーと思って見たのは失敗だった。これはホラーじゃない。映画もでもない。


Share

Next