レビュー  2007年10月27日  に発表された 

沈黙のステルス
FLIGHT OF FURY

2ツ星

ちゃんと戦え! セガール

タイトルがいいよね。沈黙しないステルスがあったら困るぜ。ま、どうでもいい話。
ストーリーはハリウッド映画をいくつかミキサーにかけて、セガールで割ったもの。つまり、ありきたり。今回は怒りゲージを溜めるところがないから、セガールの攻撃も盛り上がらない。それ以前に、透明になる戦闘機に乗ってる時点でフェアじゃない。敵よりスペックの低い武器で戦ってほしいよ。

見どころは、セガールがコンビニ強盗を殲滅するところ。それと、唐突なレズシーンかな。それから将軍に助言する大佐がやたら優秀で、内通者だろうと思っていたが、ただ優秀なだけの人物だった。この映画でいちばん驚いたところだ。

ドッグファイトはもちろん、銃撃戦も近接戦闘も、すべてにおいてやる気が感じられない。アクションが減った分、セガールはらくちんだっただろうが、ファンが喜ぶ内容じゃなかった。

 Googleで「沈黙のステルス」を検索する
 Wikipediaで「沈黙のステルス」を検索する
 IMDBで「FLIGHT OF FURY」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0011NIUG6
思考回廊 レビュー
沈黙のステルス