レビュー  2008年01月07日  に発表された 

ガンスリンガー・ガール イル・テアトリーノ (第2期・全13話)
GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-

2ツ星

どうしちゃったんですか!?

第1期の硬質なイメージは失われ、柔らかな美少女チックな顔立ちになってしまった。演出もストレートで、ヘンリエッタの恋心がむき出しになっている。あの繊細さはどこへ行ったのか。

スポットライトはリコに当てられ、ピノッキオとかいう中途半端な野郎がしゃしゃり出てくる。少年タイプの義体かと思ったが、ただの人間だったとは……。がっかり。
フランカとランコの言い分にも共感できず、いいとこナシだった。

OPの『たった1つの想い』は印象的。リズムが耳に残って、なかなか消えなかったよ。第2期で得たものはそのくらいかな。残念な第2期だった。

 Googleで「ガンスリンガー・ガール イル・テアトリーノ 」を検索する
 Wikipediaで「ガンスリンガー・ガール イル・テアトリーノ 」を検索する
 IMDBで「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0011XMY4A
思考回廊 レビュー
ガンスリンガー・ガール イル・テアトリーノ (第2期・全13話)