[Edit]
[レビュー1975年03月15日に発表された 

ゴジラ(15) メカゴジラの逆襲

Terror of Mechagodzilla

第1期ゴジラシリーズの総決算

メカゴジラの脅威になすすべもない人類。国家を越えた団結も、有能なエージェントも、超兵器もない。しかも真船博士はブラックホール第3惑星人に与してしまった(演じているのは、1作目で人類を救った芹沢博士じゃないか!)。残された希望はゴジラだけ。しかし突破口を開いたのはサイボーグ少女の犠牲だった。なんと救いのない映画なのか。

子ども向けに陳腐化していったゴジラシリーズだが、本作は見応えがあった。メカゴジラの強さ、大きさ、恐ろしさがよく描かれている。対するゴジラは影が薄いが、その分、人間ドラマが際だっている。おもしろかった。

本作をもってゴジラシリーズはいったん幕を下ろす。映画の収益がおもしろさと比例しないのは、いかんともしがたい。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

Share

Next