[Edit]
[レビュー2008年01月08日に発表された 

狼と香辛料 (全13話)

Spice and Wolf

ホロは強くなくていい

剣も魔法もないファンタジーとは珍しい。近世の経済史や商習慣を交えることで、世界に奥行きを与え、読者の知識欲を刺激している。それにロードムービーの体裁を取っているところも珍しい。世界名作劇場のような雰囲気ながら、とても新鮮なストーリーである。

ホロは魅力的だが、強いのはいただけない。最後はホロが助けてくれると思うから、緊張感が台無しだ。ホロに物理的な強さはいらなかった。

これからどのような出会いと別れが待っているのか? ロレンスは自分の店をもてるのか? 興味をそそられる。好印象なシリーズだったが、TV放送で7話がカットされたのは減点。「あのね商法」というやつか。話がわからなくなった。

Share

Next