レビュー  1995年04月15日  に発表された 

劇場版 超力戦隊オーレンジャー
Chouriki Sentai Ohranger The Movie

2ツ星

あまりにグロテスク

スーパー戦隊は多かれ少なかれシュールなんだけど、本作は飛び抜けており、グロテスクの域に達してる。前半と後半の落差が大きい。殺されたエキストラが洗脳された人間だったり、女の子が命の尊さを訴え、その身を捧げたり......。そこへオーレンジャーが突入して、超力合体でやっつける。マシン帝国もオーレンジャーも暴力的で、殺伐とする。しかも、この事件は皇子ブルドントのイタズラであり、信念も悪意もないからイヤになる。
おまけに、これだけの経験を経ても、子どもたちの日常は変わらない。なんだか鬱になりそう。

子どもとマシン帝国が主軸なので、オーレンジャーの影が薄い。こんな劇場版でいいのだろうか。

 Googleで「劇場版 超力戦隊オーレンジャー」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 超力戦隊オーレンジャー」を検索する
 IMDBで「Chouriki Sentai Ohranger The Movie」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0013V10C2
思考回廊 レビュー
劇場版 超力戦隊オーレンジャー