レビュー  2008年07月12日  に発表された 

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0
GHOST IN THE SHELL 2.0

2ツ星

これじゃ台無し

13年を経て再構築された最初の劇場版。いくつか気になる修正もあるが、おおむね悪くない。しかし人形遣いの声を女性にしたのは大失敗だと思う。

榊原良子の声は悪くない。これは演技以前の問題だ。この物語の本質は、素子が人形使いの求愛(プロポーズ)を受け入れるところにある。見た目が女性でも、精神が男性でなければカップルが成立しない。女性同士の融合じゃ、意味が変わってしまう。

融合によって「私も死を得る」ではなく、「私も子をなせる」くらいの差し替えがほしかった。

 Googleで「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0」を検索する
 Wikipediaで「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0」を検索する
 IMDBで「GHOST IN THE SHELL 2.0」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001DSX4P6
思考回廊 レビュー
GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0