レビュー  2008年05月21日  に発表された 

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
The Chronicles of Narnia: Prince Caspian

2ツ星

ロマンがないね

私はどうもナルニア国物語の魅力がわからない。1作目はファンタジー要素が強すぎて閉口したが、2作目は戦争の現実ばかりでロマンがない。テルマール人は戦争技術に長けた種族らしいが、小人や物言う動物たちの能力を見くびりすぎている。あまつさえ子どもの挑発に乗せられ、王様が一騎打ちに応じてしまうのだから言葉もない。ファンタジーと言えば、ファンタジーか。

『指輪物語』や『ゲド戦記』に比べると、どうしても子ども向けに見えてしまうが、それが持ち味だから仕方ないか。

 Googleで「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」を検索する
 Wikipediaで「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」を検索する
 IMDBで「The Chronicles of Narnia: Prince Caspian」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001EI5LM4
思考回廊 レビュー
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛