[Edit]
[レビュー2008年06月21日に発表された 

西の魔女が死んだ

The Witch of The West is Dead

東の魔女へ

冒頭とタイトルから、結末はわかっていた。だからこそ、その「先」を見たかった。西の魔女が死に、東の魔女が産まれた。なにが受け継がれ、なにが呼び覚まされたのか。たとえば苦手だったゲンジと親しくなるとか、郵便屋さんの息子に影響を与えるとか、なにか魔女の片鱗が見たかった。

雰囲気は素晴らしい。サチ・パーカーさんの丁寧な日本語が耳に残る。山の暮らしもいいね。だからこそ、惜しまれてならない。

Share