レビュー  2005年12月02日  に発表された 

イーオン・フラックス
Æon Flux / AEON FLUX

2ツ星

素材を活かせてないね

強くて、かっこいい、美女戦士を描きたかったようだが、目論見が成功したとは言いがたい。シャーリーズ・セロンは美人だが、いきなりディープキスしたり、黒人女性のパートナーと対比させる演出は首をかしげる。状況に不似合いな衣装や行動ばかりで、すごく浮いてる。
クローンを循環させるというSF設定はおもしろいが、いささか複雑すぎる。そのくせ自然解決しちゃうのはカタルシスもない。

完全武装の兵士のすきまばかり攻撃するアクションは、痛快と言うより痛々しかった。主人公補正が高すぎる。

 Googleで「イーオン・フラックス」を検索する
 Wikipediaで「イーオン・フラックス」を検索する
 IMDBで「Æon Flux / AEON FLUX」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001G75F7O
思考回廊 レビュー
イーオン・フラックス