レビュー  1983年06月06日  に発表された 

007(13) オクトパシー
007 / Octopussy

2ツ星

ピエロ、ボンド、核爆弾

子どものころに見て、ピエロに扮した007が印象的だった。2011年にふたたび鑑賞するが、やはりピエロが印象に残るね。
ロジャー・ボンドらしく、ストーリーはいい加減。オークションで勝手に値をつり上げたり、インド人に乱暴したり、やりたい放題だ。アクションもぬるい。ターザンジャンプなど派手なところは後ろ姿で、スタントマンなのは明らか。それでもテーマ曲がかかると盛り上がるね。セスナ対決では、パラシュートなしで落っこちたインド人が気になる。やっぱりショッキングなシーンは記憶に残るね。

オクトパシーは美女だが、あんまり見せ場がない。ただ来宮良子の吹き替えが強烈だった。「その気にさせて役に立たない」と囁かれたら、逆に萎えちゃいそうだ。

 Googleで「007 オクトパシー」を検索する
 Wikipediaで「007 オクトパシー」を検索する
 IMDBで「007 / Octopussy」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B001IB70DK
思考回廊 レビュー
007(13) オクトパシー