[レビュー1999年10月06日に発表された 

オーディション Audition

狂気 痛い
更新日:2011年05月10日(火) 14:09 [Edit]

痛すぎる

ストーリーはいたって単純。ときおり挿入される「こわい」シーンが不安を駆り立てるが、本命は終盤に控えていた。ショッキングと聞いていたが、本当にショッキング。劇場から大量の途中退出者を出したのも頷ける。

ホラーは好きだが、痛いのは苦手。そして、痛いシーンを売り物にする映画は好みじゃない。痛いシーンは、とにかく痛々しいんだけど、リアリティは乏しい。だから、「こんなことはありっこない」と思えるところは、じつは救いかもしれない。

関連エントリー