[Edit]
[レビュー2008年12月05日に発表された 

252 生存者あり Episode.ZERO

252:Signal of Life Episode.ZERO

レスキュー戦隊の2時間スペシャルだった

レスキュー隊の活躍を描けば、ヒロイックになるのはやむを得ないが、いくらなんでもこれはヤリスギ。薄っぺらいキャラクターに、安っぽいストーリー。最初は笑ってみていたが、後半は呆れてしまった。
広域地震が発生したのに、小さな被災地に全キャラが集まって、小さな小さな人間模様が描かれていく。視野が狭すぎる。

『め組の大悟』に比べ、リアリティも人間ドラマも格段に劣る。
ここまでレベルが低いとは思わなかった。

Share

Next