[Edit]
[レビュー2008年12月20日に発表された 

トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!

Tomica Hero Rescue Force The Movie

和風セガールの乱入

レスキューフォース初見。CGを駆使した映像は迫力がある。はしご車で列車に飛び移るシーンは興奮した。ロボット戦は『ガオガイガー』の実写版みたい。よくできているけど、際だつ個性がない。これはデザインの問題だろう。
そういえば末尾にR0のイラストコンテスト結果発表があったけど、特徴のないデザインだから、識別不可能なイラストばかりだった。

本作の目玉は、藤岡弘が演じる刑部零次こと、R0の登場であろう。60歳をすぎて顔出しアクションは立派だが、いかんせん性格が悪い。恩着せがましい上司なんて、いやすぎる。

ゲストは、ダンサーになりたい女子高生より、レスキューになりたい少年の方がしっくり来ると思う。あるいは敵役にかけて、電車好きの少年が怖い目に遭ってなお車両開発を目指してもいい。ゲストが物語から浮いてるのはもったいない。

Share